ホームページ > 活動コンセプト

1.不屈の精神

「光を失うということ」
私は32歳で突然光を失い、全く目が見えなくなりました。
病名は、急性緑内障と網膜剥離。
病院に行った時は、すでに手遅れでした。
それまでは当たり前に見えていたのに、急に閉ざされてしまった世界。
ずっと続くであろう闇の中で、「一体これからどうやって生きて行けばいいのか?」
途方に暮れました。
私は2年あまり、ほとんど外に出ることもなく、引きこもりの状態で過ごしたのです。


「訪れる転機」
そんな私に、転機が訪れました。
子供が生まれたのです!
看護師さんが病室に連れてきてくれた、小さな小さな我が子。
思わず両手で触りまくりました。
小さな目や鼻や口は、指先の爪で傷つけてはいけないと、とっさに唇で確かめました。
「ああ、これは鼻だ! 随分チッチャイナア!」
「この子はどんな顔をしているんだろう?」
この時ほど「見たい!」と思ったことはありません。


ある時、私のもとに生まれてきてくれた我が子を抱きしめ、考えました。
「自分はこの子に何を教えてやれるだろう…」
その時、心のスクリーンに5つの文字が映し出されたのです。
”不屈の精神”
そこには、黒くハッキリとした文字で、縦に、そう書いてありました。


「ああ!!そうだ、自分が教えられるものは、これしかない!」
溢れ出る涙と共に、
「私は子供に生涯かけて、不屈の精神を見せてやろう!!」
と、心に強く誓ったのです。
その時、失明してから初めて、思いっきり泣きました。


「不屈の精神を見せるために私は立ち上がった」
私は、立ち上がりました。
家の中で手探りでできることを見つけ、
障害者手帳を取得し、
中途失明者のための訓練施設に通い始めました。
いままで経験したこともない点字、
白い杖を使って一人で歩くこと
また、暗闇の中での掃除や洗濯や家族の食事の支度、
そして、文字通り「手探り」の子育て。


しかし、視力を全く使わない方法での家事や育児は、とてつもない困難を伴い、
何度も心が折れそうになりました。
いつも置いてある場所より少しずれた場所に置いてあったコーヒーカップ。
目が見えれば1秒とかからずに探せるのに、
手探りで探し当てるのに、20分もかかったのです。


でも、「不屈の精神」を身をもって我が子に教えると、自分自身に誓った私は、
折れそうになる心を奮い立たせ、一生懸命がんばりました。
家族はもちろんのこと、ヘルパーさんや多くの友人が、助けてくれ、
私の生活能力は、徐々に回復して行きました。


「歌との出会い」
そして、失明から9年後の41歳の時、歌に出会ったのです。
目が見えなくても、歌なら歌える。
私はそう思い、近所の音楽教室に通い始めました。
そして、歌で自分の思いを表現できる喜びに、歌うことに夢中になっていったのです。
思い切って、発表会に出てみました。
どうしてもピアノの弾き語りがやりたくて、
1年かかって、ようやく弾きながら歌えるようになった曲を、
大勢の方々の前で披露しました。
イベントで歌わせていただけるようになりました。
そして私は、とうとう、コンクールを目指すようになったのです。
心のスクリーンには、コンクール本選会の大舞台で歌う自分の姿が映りました。
遂に2009年、2010年の「太陽カンツォーネコンコルソ・クラシック部門」で、
2年連続上位入賞を果たすことができました。
それだけではありません。
私はそれを皮切りに、ソロリサイタルを開催し、
オリジナル曲を作るようにまでなったのです。
2014年5月には、初のシングルCD「Mother」を出すことができました。
ラジオ番組に出演し、「Mother」を紹介していただけました。
2015年からはセミナーとコンサートが融合した、
セミナーライブを展開できるようになったのです。


聴いて下さったお客さまは、涙を流し聴き入ってくれました。
なぜ、それがわかったのか?
舞台で歌いながら、お客様の様子が手に取るように、
心のスクリーンに映し出されたからです。
また、そのような感想を寄せて下さったお客様が、たくさんいらしたからです。
「なぜ、感動して下さるのだろう?」
私は考えました。
そして、自分の「がんばり」にお客様は共感して下さるのだと気がついたのです。



そうだ、これこそが私の使命だ!!
自分の生き様を、ステージを通して観ていただき、共感していただく。
心の奥深く眠っていた自分の使命を、神様は失明と言う試練を与えて、
気付かせて下さった。


そう思えたのです。


私が歌うことは、私の生き様を観ていただくことだと思っています。


「人は困難の中でこそ成長し、本当の自分を見つけることができる。」


そして、その先に「幸せ」という光の世界が待っているのです。


これが私があなたに伝えたいメッセージです。

2.視覚障害は素晴らしい!

皆さんは、視覚障害者に対してどんなイメージをお持ちですか?
白杖をついて一人で町を歩いている視覚障害者を、見かけることもあると思います。
よく世間一般で取り上げられるのは、その「不自由さ」と「不便さ」です。
不自由だから、
このように手助けして下さい、
ガイドヘルパー制度を作りましょう、
不便だから、
バリアフリー商品を作りましょう、
駅をバリアフリー化しましょう、
音声信号をつけましょう、
もちろん、これらの施策の背後にある深い人間愛によって、
私たち視覚障害者の生活が驚くほど向上したのは、
言うまでもありません。
しかし、視覚障害には、プラス面があるのです!
「心のスクリーン」、私が提唱しているのが、それです。
心のスクリーンは、誰もが持っています。
ただ皆さん目が見えるので、気付かないだけです。
心のスクリーンは、胸のところにあります。
ちょうど映画館のスクリーンが、胸のところにスッポリとはまっている感じです。
そこには、物事の本質が映ります。
ですので、見たものに心ふられることがなくなります。
また自分の抱いたイメージが、映像と鳴って映ります。
例えば、自分がなりたい将来の姿などが映るのです。
そこに「ありありと」描き出したイメージは、現実化されます。
なぜなら、
想念はものを作る
からです。
かの有名なナポレオン・ヒルも、
思考は現実化する
と言っています。

私の具体例をお話しましょう。
私は「太陽カンツォーネコンコルソ」というカンツォーネのコンクールがあるのを知り、
上位入賞することを心のスクリーンにありありと描き出し、それに向かって進みました。
その結果、2009年、2010年に同コンクールで2年続けて上位入賞しました。
その時の歌、衣装、トロフィーをもらう瞬間、舞台の上の感覚。
ありありとイメージしたものは、すべて現実となりました。


また、本質が映るという実例ですが、
現在お世話になっている音楽プロデューサーの羽島亨先生に出会ったとき、
現在所属する「カリスマ講師養成クラブ」の主催者である渋谷文武先生に出会った時、
いずれの時も、そのお名前が縦書きで心のスクリーンに映り、
次の瞬間、それが背後から金色にぱあっと光ったのです。
それを心の眼で見て、
「ああ、私が探しているのはこの人だ!」
と思い、迷うことなく門を叩きました。
そして、時が過ぎた今、私の選択は間違いなかったと確信できるのです。


このように「心のスクリーン」を活用すれば、人生への迷いがなくなり、夢に向かっ
て突っ走れるようになり、
その結果夢が実現するということを、私は身を以て体験しているのです。


この「心のスクリーン」は、脳科学用語で「知覚能力」と呼ばれています。
米国カリフォルニア大学リバーサイド校のローレンス教授の研究によると
ある感覚を封じると、例えば目が見えていた人が失明すると、
他の感覚が視覚を補おうとし潜在能力が働くことが分かりました。
それは失明しなくとも、60分アイマスクをしていただけでその潜在能力は働き出すのです。
ローレンス教授の調べによると、脳は年齢に関係なく、
経験によってその仕組みや働きを変化することができると言うのです。
私は32歳で失明しました。
その時から見えないという経験を重ねることによって、
「知覚能力」と言う目の代わりになる感覚が発達してきたのです。
それが、「心のスクリーン」です。


私のセミナーでは、私が視覚以外の感覚を研ぎ澄ませることにより、
「心のスクリーン」を体得したことに鑑みて、
アイマスクをかけて触覚、聴覚、嗅覚を研ぎ澄ますオリジナルワークを行います。
そして、ご自宅でもそのワークで経験したことを取り入れていただき、
「心のスクリーン」を開拓していただきます。


目が見えながら、心のスクリーンを見ることができれば
目が見えながら、物事の本質を見極めることができれば
目が見えながら、迷うことなく自分の人生を信じ、歩むことができれば

それは人間にとって大きな財産です。
私はそんな光り輝く皆さんになることを心から願い、
セミナーを行っていきます。

inserted by FC2 system